離婚のやり方

性格の不一致や生活環境のズレ、気持ちのすれ違い、浮気などにより夫婦仲が終わる事があります。いわゆる離婚です。

離婚するためには、協議上お互いに同意していればそのまま離婚届を役所に提出し、離婚が成立します。

離婚全体の約90%はこの協議離婚になります。
しかし、何らかのトラブルや相手が離婚をしてくれない場合には調停離婚、裁判へと発展していきます。
例えば旦那さんが風俗通いを止めてくれないなどの原因があり、離婚に踏み出したいとしても旦那の方が協議離婚に応じてくれなければ争うほかありません。
調停離婚にはその後の裁判程の力はないので、最終的にお互いの合意が無ければ離婚する事はできません。また、養育費や慰謝料などの条件でお互いが納得できなくても、最終決断は裁判へと発展して行きます。

離婚するためには
未成年の子供がいてる場合には、親権をどちらが持つかを決めなければ離婚は成立しません。一番多いのはどちらが子供を引き取るかで争う親権争いです。
さらに、子供の親権を後で変更したい場合は家庭裁判所で調停をしなければならない為、簡単には変更出来ないのです。

また、離婚届提出後に気持ちが変わった場合や配偶者に勝手に班を押されて提出された場合は不受理申出書を提出すると離婚を止める事ができます。